自毛植毛後のシャンプー仕方について

自毛植毛の施術を受けた後、クリニックのスタッフから日常生活における過ごし方について指示されることがあるかと思われます。実際に施術を受けた人であればその後度のように過ごせばいいのかクリニック側からレクチャーされると思われますが、まだ受けるかどうかを検討している人にとってどのように過ごすのかは気になることかと思われます。そこで、自毛植毛し術後のシャンプーの仕方について考えてみましょう。まず、自毛植毛の施術を受けた後の頭皮というのはとても敏感になっていますので、あまり刺激を与えるようなことは避けた方がいいと思われます。

移植した髪の毛が定着するまでにも時間がかかるため、施術当日は何もせずに安静にしておくのが望ましいでしょう。施術の翌日からやっと洗髪が可能になりますが、翌日から1週間はシャンプーは使用せずにただ濡らすだけになります。定着率を上げるためにも血行を良くした方がいいのかと熱めのお湯で洗ってしまいがちですが、まだ定着には数日かかるのでぬるま湯であまり刺激を与えずこすらないようにしましょう。施術から1週間たつと、移植した部位にかさぶたができますのでやっとシャンプーの出番になりますが、かゆいからといってごしごし洗うのではなく、自然にかさぶたが取れてくるのを待ちながらやさしく洗うようにしましょう。

シャンプーは普段のものではなく、敏感肌用のスカルプシャンプーやクリニックで用意してくれたシャンプーなどで洗うようにしましょう。2週間たてば、普通のシャンプーで洗っても問題ありません。術後から普通に洗髪できるまでには時間がかかりますが、焦らず慎重に過ごすようにしましょう。