自毛植毛とその後の健康管理

抜け毛や薄毛に悩んでいる男性は多いのではないでしょうか。髪が薄くなってくると、年齢よりも老けて見られてしまうこともありますから、気にしている人も多く、改善策をいろいろと試している人もいるはずです。抜け毛や薄毛は、不健康な生活によるものもありますが、男性ホルモンによる原因であることも多く、健康に気をつけていても、症状を完全に抑えることはなかなか困難になってきます。そのような中、改善策の1つとして、自毛植毛をする方法があります。

自毛植毛は、自分の髪の毛を頭皮に植える方法で、外科手術を行うことになります。髪の毛の中でも、後頭部や即頭部は、男性ホルモンの影響が少ないとされていますから、その髪の毛を頭皮ごと切り取り、それを株分けして、薄毛になっているところに埋め込むのです。そうすれば、しばらくすると、移植した髪が定着をし、他の髪の毛と同様に伸びてくることになりますし、抜けてしまっても、再び生えてくるようになるのです。自毛植毛は、自分の髪の毛を植えることになるので、違和感なく自然になじみますから、人にばれることはありません。

そして、1度植毛してしまえば、メンテナンスをする必要はありません。とはいえ、自分の髪の毛を使うことになるのですから、その量には限度があります。ですから、植毛した後は健康的な髪が生えてくるように、食事や睡眠などに気をつけるようにして、生活習慣を整える自己管理も怠らないことが重要です。