健康なら自毛植毛にすべし

スカルプケア、投薬治療をしても薄毛や抜け毛が改善しなかった場合、最終的にたどり着くのが植毛です。植毛というと読んで字のごとく髪を頭皮に植える治療法ですが、実は植える髪の種類によって大きく2つに分けられるのです。その中でも自分の毛を植えるのが自毛植毛です。人工的に作られた毛を植える作業に比べて定着までに時間がかかりますが、一旦植えて成功すればその後は通常の髪の毛のようなケアで済みます。

つまりアフターケアがほとんど必要ないのです。そのため健康であるなら植毛するなら自分の毛を使う自毛植毛にすべきです。しかし植えるべき毛がないなど何らかの理由で自毛植毛ができない場合、人工の毛を植毛する方法も悪くはないでしょう。ただ、この場合人工の毛が異物として認識されてしまうと体の外へ排除しようという動きが強まるため、すぐに抜け落ちる可能性が高いです。

そのため定期的なメンテナンスが必要になるのです。髪が薄いとそれだけで老けて見えますし、不健康に見えることもしばしばです。はげのために消極的になったり、彼女ができないようでは残念な人生になってしまいます。はげが好きな女性がいるとはいっても少数派です。

自分に自信をつけるためにも自毛植毛は大いにアリなのです。ただ、植毛でふさふさになったからといって不健康な生活を送っては、すぐに抜けてしまいます。それでは意味がないので、頭皮にやさしい規則正しい生活に改めるべきです。