医学的に効果が認められている自毛植毛の内容

髪の毛は、見た目を左右する重要なポイントですが、健康に対しての直接的な影響はありません。このために、医療機関では一部の症状以外は治療の対象として認識していませんでした。このために、改善するためには民間のサービスを利用するしかなかったのですが、その中には皮膚科学的な根拠に基づかない荒唐無稽な方法も少なくはありませんでした。このような状況の中で、2010年に日本皮膚科学会が作成したのが男性型脱毛症の診療ガイドラインです。

標準治療の確立を目的としており、現在行われている薄毛治療を皮膚科学的な視点から判定を行い、AからDまでのランク付けを行うという内容です。これにより、薄毛に悩んでいる人が間違った治療を行うことがないように配慮されています。この中で、自毛植毛は推奨できる治療法という意味のBと判定されています。これは、男性型脱毛症の治療薬プロペシアと国内で唯一発毛剤として認められている育毛剤の有効成分ミノキシジルに次ぐ評価で、かなり信頼できる治療法と認定されていることになります。

自毛植毛は、後頭部の毛根組織を薄毛部分に移植するという内容です。自分の毛根組織を使用するので、かなりの確率で定着することになり、健康的な頭髪が成長することになります。また、拒否反応やアレルギーなどの副作用に見舞われる危険がないということで、安全性が高いということも自毛植毛のメリットと言えます。移植できるだけの毛根組織が残っているということだけが条件であり、薄毛の種類や原因は不問です。