自毛植毛の方法による違い

自分の元気な毛根を移植する自毛植毛はAGAの医薬品よりも毛髪の維持率が高いことはあまり知られていません。AGAを医薬品で治療する場合は、投薬期間中だけの効果でしかありませんが、自毛植毛はAGAに関係ない後頭部から元気な毛根を移植するため移植後にAGAの症状に悩まされることがありません。ただし、自毛植毛と言ってもやり方によっていろいろな違いがあります。機械的に直線状に後頭部の下部から毛根を取り出し、バラバラにして採取した毛根を埋め込むタイプでは着床率があまり高くありません。

また、ただ本数を増やせばいいというわけではなく、見た目を気にする必要があります。質の高い自毛植毛の場合は後頭部の毛根の中から優良な毛根を見つけ出し個々に採取します。その採取する毛根も出来る限り小さな範囲で取り出します。その取り出した毛根株を薄くなった頭頂部や生え際に埋め込みます。

埋め込む先の穴は毛根株よりも少しだけ小さな穴にしておきます。その穴に特殊な方法で毛根株を埋め込みます。そうすることでしっかりと密着するから着床率も高くなります。埋め込むときの方向も重要です。

髪の毛は全てが上向きに向いてるわけではなくそれぞれが少しずつ傾いて生えています。その流れを考えて、どこに埋め込み、どの方向に向ければいいかを判断するのは、経験のある医師の技術が頼りです。そうして埋め込まれた毛根は、着床し伸びたときに自然な流れを形成する髪になります。