最新技術のメスを使わない自毛植毛

薄毛で悩む男性の中でも、育毛剤で効果が感じられなかった人などに、自毛植毛が話題になっています。自毛植毛ではカツラと違って自分の毛髪を移植するため、見た目に違和感がありません。具体的には、まず自毛植毛では後頭部と側頭部に生えている毛髪を採取し、それをドナーとして薄くなった部位に移植します。AGAと呼ばれる多くの男性型脱毛症の原因は男性ホルモンにありますが、後頭部と側頭部は影響を受けず、薄毛にはなりません。

そのためその部分には、薄毛の人でも健康な毛髪が残っています。また最新技術では、メスで頭皮を切ったりせずに毛髪を採取します。最先端の植毛機器は、カメラが角度を変えながら頭皮を撮影し、採取する部分の毛髪の向きや密度、本数などを精密に調べることができます。医師はカメラが撮影したその画像をモニターしながら、迅速にドナーを採取するため、施術時間も短く、痛みもほとんどありません。

精密機器なので、皮膚の下にある毛根が切断されずに採取できます。従来の採取では側頭部に直線の傷痕が残りましたが、この方法ならメスで切除しないため縫合する必要もなく、採取した痕跡が残りません。また採取した毛根はダメージを受けていないので、高い定着率を持っています。生え際や前頭部位などは仕上げが難しい箇所ですが、ベテラン医師であれば植毛の密度を考え、ボリュームのある自然な毛髪を実現します。

ダウンタイムも最小限で、術後に腫れることもありません。亀頭増大のことならこちら