AGAの薄毛対策はどのようにして行うか

AGAは頭皮の衛生状態によって起きるものではなく、男性ホルモンが脱毛作用のあるDHTに変換される事が原因とされるため、専用の薄毛対策を行う必要があります。まず薄毛が本当にAGAによるものなのか確認するため、医療機関で診察を受けます。AGAである場合、プロペシアという内服薬が処方されるため、用法を守り、過剰摂取しないように利用します。この薬の有効成分であるフィナステリドには男性ホルモンをDHTに変換させる酵素の働きを妨げ、脱毛を改善する効果があります。

なお、プロペシアは遺伝的に効かない事があるため、遺伝子検査で調べておくと良いです。この薬は高額であるため、有効成分が同じで特許料が含まれないフィンペシアなどの薬を使うと費用が安くなります。AGAの薄毛対策には発毛を促進するミノキシジルという成分も使用されます。これは育毛剤やシャンプーなどに含まれており、頭皮から成分を吸収します。

より高い効果を得るためには、ミノキシジルタブレットを内服します。ただし、タブレットは高血圧を治療するための薬であり、薄毛治療薬として認められていません。血圧治療よりも使用量は少ないため、健康であれば危険性は少ないですが、低血圧になる事があります。また、血液によって成分が回るため、発毛を頭皮だけに限定できません。

このプロペシアとミノキシジルは異なる作用によってAGAを改善するものであり、併用しても問題ありません。そのため、併用した方がより効果的に薄毛対策を行えます。亀頭増大のことならこちら