AGAの薄毛対策には何があるか

AGAの薄毛対策として有効な成分にフィナステリドとミノキシジルの2つがあり、これらは異なる作用で症状の改善を行います。フィナステリドは一般的には医療機関で診察を受け、内服薬のプロペシアを処方してもらって利用します。この成分は男性ホルモンを脱毛を引き起こすDHTに変化させる酵素の働きを妨げる作用があります。これにより脱毛の治療を行います。

この薬は利用を始めてから2週間から1か月の間に抜け毛が増える初期脱毛が起こる事があります。発生時期や量は個人差がありますが、これは薬が効いて発毛が正常化した事で起きる現象です。副作用ではないため、症状が出ても利用を続けます。もう1つのAGAの薄毛対策であるミノキシジルには発毛を促進する効果があります。

外用と内服の2つの利用方法がありますが、安全性を重視する場合には育毛剤などで外用します。この方法では頭皮から成分を吸収するため効果が弱くなりますが、重篤な副作用はありません。効果を重視する場合にはミノキシジルタブレットを内服します。これは高血圧の治療薬であり、AGAの治療薬としては認められておらず、通常の医療機関では処方してもらえないので、専門の医療機関に行くか、輸入によって入手します。

使用量が少ないため、危険性は少ないとされていますが、体質によっては効きすぎて低血圧の症状が出る事もあります。低血圧の人や、血圧の治療薬を使っている人はタブレットを利用しない方が良いです。AGAの薄毛対策は、これらのいずれか一方ではなく、併用して治療を行うと効果が高くなります。