プロペシアはAGAの薄毛対策として活用できる医薬品

AGAとは男性型脱毛症という症状のことで、血中の成分が原因で酵素と結合することで男性ホルモンが増加してしまい、その影響として脱毛の症状が現れるようになります。AGAの薄毛対策として処方される飲み薬には、プロペシアが有名なものと言えます。プロペシアは専門的なAGA治療を行っている医療機関を受診することによって、処方してもらうことが可能です。プロペシアに含まれているフィナステリドという名の成分が、薄毛の原因となる男性ホルモンと結合しやすい酵素の働きを阻害する効果があります。

フィナステリドの効果によって抜毛に影響を与える男性ホルモンの生成を抑制できるようになりますので、AGAの薄毛対策になります。プロペシアの効力としては育毛効果があるという報告もありますが、現在認識されている効果としては現状を維持する意味合いが強いと言えるでしょう。プロペシアの効果で抜毛の防止や髪の毛が細くなることを防止できますので、結果的に薄毛を目立たなくすることが可能です。プロペシアの服用を行って薄毛対策として効果があるかどうか判断できるのは、6か月間の服用が必要になります。

6か月以上の期間にわたって服用を続けた結果、効果が見られないときには医師の判断によって服用を継続するかどうか決めることになります。プロペシアは錠剤の医薬品で、服用できる上限が決められていますので、たくさん飲めばその分だけ効果が出るというわけではありません。医師の処方の元で、決められている容量を守って服用することが大切と言えます。